ローゼ・アルモニー

ローゼ・アルモニーについて

ローゼ・アルモニーが考えていること

社名の由来:バラは女性を象徴し、女性が女性らしく活き活きとする姿に互いを影響しあい調和が生まれる場所

ローゼアルモニーが考えていること社会に急速に広まりつつある情報のひとつに「豊かな人生とは?」という問いかけのようなものがあります。真の豊かさや、豊かな人生を求める理由として、物質的に満たされた日常があるからなのかもしれません。
これまで予防医学を通じ、20年ほどたくさんの方々と関わりながら気付いたことがありました。
それは、人の求める豊かさの内には必ず「美」と「健康」が存在するということ。
ことわざに「病は気から」とありますが、現代では科学的な視点から見ても心と病気が関係性を持っているということがわかってきました。そして何より自分らしく美しく輝くためには、それぞれの症状に対処を求めるのではなく、自身がこれまでの長い時間の中で積み上げてしまった「考え方のクセ」を変えるだけで劇的に変化していく姿を見てきました。
そこで・・・

ローゼ・アルモニーのミッション

ローゼアルモニーのミッションどうすれば人がその人らしく豊かに生きていけるか、そのために何ができるかを考えてきました。
より良い社会を想像した時に、一番に、女性が笑顔でいられる平和な社会から生まれる美しい世界をイメージします。
どんなに優れた才能を持った人も、どんなに素晴らしい魅力に溢れた人も、もとは母の胎内で愛を受け育ち、この世に誕生しました。
女性の身の内に宿る創造に満ちた力は人に感動を与えます。
また、日本の女性は世界の男性から求められるほど「母性」を表現することに長けており、優しさ、育む、慈しむ、見守る、女性としての内なる強さは一人一人の心にしっかりと存在しています。
そんな女性一人一人が、その人らしく生きていくこと、その人の持つ女性らしさが輝くように生きていくこと。
そのために、自分の美しさに気づくお手伝い、心と体の健康を手に入れるためのサポートを全力で行うことがローゼ・アルモニーのミッションだと思っております。

ローゼ・アルモニーが思い描く未来

女性が社会で認められる世の中になってきたと同時に、女性が抱える問題も大きくクローズアップされてきました。
見方を変えれば、それだけ社会における女性の存在が大きなものになってきたということで、女性の存在が世界を支えているといっても言い過ぎではないとさえ感じています。
女性の持つ力は素晴らしい。
その人がその人らしく生きていくことが全ての平和につながり、そんな女性に育てられた子どもたちがやがて世界を変えていく未来につながると信じています。

代表者の紹介

サロンの紹介